本文へスキップ

完全天日干し海塩専門店 自然食堂 御塩屋 〜ごえんや〜

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-5422-8977

〒141-0022 東京都品川区東五反田2-5-5

コンセプトconcept

食へのこだわり

店内イメージ

塩屋の運営する手造りおむすび(玄米、白米)、お弁当、お惣菜! 完全天日干し海塩(バリ島北部 インドネシア産)を直輸入し、自家製による手前味噌や梅干しなどのお漬物を製造販売。もちろん契約農家さんからの直送による、無農薬栽培された自然共存米(雁音米)、お野菜(RISO農園)を使用致しております!おすすめの食品や雑貨をセレクトし販売致しております!小さなお店ですが、皆様のご来店を心よりお待ち致しております。


出会いへのこだわり

料理イメージ

弊社(有限会社 Nice One Project)は、原材料となる完全天日干し海塩をインドネシアのバリ島(テジャクラ工場)から日本へ輸入し、宮崎県延岡市を主とした自然食品を日本各地からも取り寄せ、東京都品川区東五反田にあるアンテナショップ(完全天日干し海塩専門店 自然食堂 御塩屋/GOENYA)にて販売致しております。

東京生まれ品川育ちの妻と宮崎生まれの私は、1999年にカリスマダイブサービス(バリ島インドネシア)との出会いがあり、2003年ヌサ・レンボンガンにて、ダイブリゾート シェルズバンガローを共同経営(管理人)に挑戦致しましたが、2002年の同時多発テロ、サース、鳥インフルエンザなどの影響により、観光客は今までに無いほど激減し、全ての観光業がとても大変な時期でした。

そこで現れたのが「完全天日干し海塩」です。以前から料理人の私たちはバリ島のお土産と言えば天日干し海塩
ちょっとしっとりとした粗塩、とても甘味があり、素材の旨味を引き出すお塩です。
個人輸入で御土産として50kgの塩を船便で日本へ送ったのですが、梱包状態が悪く塩がカビ臭くなり使用出来ない事もありました。
このような経験を生かし、現在ではその地域の村の方々やこの事業を応援してくださる協力者に恵まれ、これまでまで以上に
ハイクオリティーの天日干し海塩の輸入が出来る環境になりました。
そして、2005年9月に妻と二人帰国し、一人でもたくさんの方に完全天日干し海塩の味、効能を体験して頂けるよう
完全天日干し海塩専門店として、2006年2月27日東京品川区に弊社を設立。
その後、軽自動車に天日干し海塩を載せ、東京から宮崎まで「塩の道巡業」を致しております。
遠方で出会った方々にも、手軽に購入できるように、インターネットショップを中心とした通信販売も営みながら、
2010年7月23日、品川区東五反田にてとても小さなアンテナショップを開業できました。
天日干し海塩専門店/自然食堂 「御塩屋」(ごえんや)です。

アンテナショップ&ワルンも始まり、いよいよこの時代に必要とされる商品開発を行ってまいります。
今後とも、皆様のご支援、ご協力、どうぞ宜しくお願い致します。
(弊社はフェアトレードを推奨致しております!)


自然環境と伝統文化へのこだわり

食材イメージ

インドネシア人と日本人が力を合わせ心を込めて作り上げた、完全天日干し自然海塩です!もちろん、すべて人力作業による、とてもミネラル豊富な無添加のおいしい御塩です!そのおいしさの秘密は、環境汚染の少ない海に囲まれた南国の楽園、バリ島の東岸にある二つの海流にあります。その、二つの海流がぶつかり合う影響により、水温躍層と呼ばれる壁を突き破り海底2000メートルから海洋深層水が自然と湧き上がっている海域にあたるのです。海洋深層水は水深200メートル以深にある海水で太陽光が届かないため水温が低く安定しているため、細菌や化学物質による汚染も少なく、私達に必要な栄養素を豊富に含んでいます。この大自然の恵みをいただき、バリ島の燦々と輝く太陽と、バリ、インドネシアの職人達の古くから受け継がれてきた技術と伝統。そして日本人の小さな知恵が合わさり、人と環境にとてもやさしい「完全天日干し海塩」 は誕生致しました。是非、一度お召し上がりください!


ナビゲーション

店舗イメージ

shop info.店舗情報

御塩屋 〜ごえんや〜

〒141-0022
東京都品川区東五反田2-5-5
TEL.03-5422-8977
FAX.03-5422-8977

御塩屋

Facebookページも宣伝